FC2ブログ
Loading…

イボ(腫瘍)切除

Posted by Runaまま on 27.2011 Runa   2 comments
Runa、9月20日にイボ(腫瘍)の切除をしました。



出来た場所は、右前足の指の間。
人間で言うと、中指と薬指の間ですかね。
中指にへばりつくように出来た腫瘍に気付いたのは、Runaの誕生日の3日前。

牧場で遊んで、足を洗って濡れた足を拭いた時にほんの少し出血していました。
その後も暫くは足を拭く度にかすかに血が付いて、腫瘍に足の毛が張り付くので短くカットしました。

         RIMG0494_convert_20110909170551.jpg



イボ切除までの顛末は長いので、続きを読むからどうぞ。


<8月22日>
健康診断に行った時に右頬に出来たイボと一緒に診てもらいました。
右頬のイボは「パピーローマ」(老人性イボ)ということでしたが、足の方は・・・。
先生が診てすぐに「嫌な感じだね」と。
針を刺して細胞を見てもらったところ、「腫瘍性のもの」と分かり切除手術をすることに。
切除したものは検査に出して、悪性か良性か調べてもらうことにしました。


切除手術は8月30日と決まりました。




<8月30日>
朝一番に病院へ。
午前中に血液検査・レントゲン・エコーを撮り、問題無ければ午後から手術をするということで、Runaを預けて帰宅。
しかし、途中で病院からtelが。
なんと、血液検査で肝臓の数値があまりに高いので、今日の手術は見送るから迎えに来てほしいと。
即Uターンして病院へ。

血液検査の結果は
白血球数 5100/μl(基準値:6000~17000)・・・基準値よりやや低め
ALT(GPT) 730u/l(基準値:10~100)
AST(GOT) 307u/l(基準値:0~50)
CRP    0.4mg/dl(基準値:1.0以下)

上記以外は正常値でした。
CRPは一応基準値内ですが、健康体なら結果が0と出るらしいです。

Runaはもともと肝臓の数値は高めですが、こんなに高い数値が出たのは2004年の夏に1度あった以来2回目です。
先生の話によると、「一過性の中毒でしょう」ということで肝臓の薬(ウルソ)を1週間飲むことになりました。
手術は9月12日に延期になりました。

今回のRunaの肝臓の数値の異常、たまたま血液検査をしたから分かったけれど、そうでなかったら暫く時間を掛けて自分で解毒し治って行くんでしょうね。
中毒の原因ははっきり分かりませんが、草をよく食べるのでそれが一因であるかもしれません。





≪9月9日≫
昨日1日クレートでお留守番だったからか、夜、Runaが前足を舐めているところを発見。
翌9日、ゆっくりとイボ(腫瘍)を見ると、膨らんではきていませんが広がっていました(T_T)
薄く、指の奥まで・・・。
舐めたせいか、所々赤くなっていました。
指の間の毛も腫瘍から出た漿液で固まっていたので、カットしました。

         RIMG1222_convert_20110909170748.jpg




≪9月12日≫
再血液検査。
前回の事があるので、今回は血液検査の結果が出るまで病院で待つことに。


病院が混んでいたので、待っている間にRunaだけ奥の処置室で採血。
でも、あふれるようにいた人が誰も居なくなっても呼ばれず・・・、ちょっと不安に。

採血から1時間くらいしてようやく院長先生が待合室へ。


血液検査の結果は不安的中で、余り良くありませんでした。
前回問題だった項目&今回問題になる項目
白血球数 3000μ/l (基準値:6000~17000)
ALT(GPT)  157U/l (基準値:10~100)
AST(GOT)  30U/l (基準値:0~50)
CRP     0.10mg/dl (基準値:1.0以下)
血糖値  64mg/dl (基準値:74~143)
あと、一応基準値内ですが、コレステロールも低めでした。

低血糖の原因ですが、『前回の中毒症状と思われる肝臓のダメージがキシリトールから来るもので、こういう結果になったのではないか』との話しでしたが、Runaがガムを拾い食いしたとは思えないですが。。。

で、今回も手術は見送りました。


また1週間肝臓の薬(ウルソ)を飲んで、来週、再々検査を受けます。
検査結果が良ければ、手術。
血糖値の上昇が見られなければ、肝臓と膵臓の詳しい検査を受けることになります。



         RIMG0550_convert_20110912145057.jpg



前回、レントゲンやエコーを撮ってもらい、その画像を見る限りでは、内臓に腫瘍は見えなかったようですが、もしかしたら写らない場所に腫瘍があるのかもしれません。
足の腫瘍も、ちょっと嫌な感じになってきているので、本当は早く切除したいんだけどな。




          RIMG0560_convert_20110912145222.jpg



これから1週間、薬を飲ませて、食事のカロリーをちょっと上げてみます。




<9月20日>
今日も病院へ着いたらまずは血液検査。
結果は
白血球数 3500/μl(基準値:6000~17000)
ALT(GPT)65u/l  (基準値:10~100)
AST (GOT) 31u/l  (基準値:0~50)
血糖値  85mg/dl (基準値:74~143)
と、薬が効いたらしく白血球数以外は基準値に。

ようやく切除手術となりました。

Runaを預けて帰宅。
午後1時半ごろ「手術は無事に終わりました。夕方お迎えに来てください」と連絡を受け“ホッ”


5時過ぎに迎えに行きました。
今日もレントゲンを撮ったようですが、やはり他には異常は見られなかったようで一安心です。
切除した腫瘍は病理検査に出して調べてもらいます。

結果はだいたい1週間後に分かるようです。

抜糸は10日後以降で、5~6日は安静です。

迎えに行った時のRuna、かなりご立腹だったようで目も合わせてくれませんでした(^^;



        RIMG0678_convert_20110925155024.jpg

エリザベスカラーと付けられ、かなりブルー。




<9月25日>
手術以来、歩く時右前足に体重がかけられずピョコピョコとび跳ねるように歩いていましたが、今日は随分体重がかけられるようになり、小走りで動いたりもしています。
手術した足に巻かれている包帯(バンテージ)も気にしないので、昨日からはエリザベスカラーも止めました。





RUNAちゃん、ルナママ、お疲れ様。
後は病理検査の結果だね。
良いものでありますように。
2011.09.28 10:58 | URL | じゅりび #- [edit]
じゅりびさん

ご心配ありがとうございます。
老犬になってくると、色々ありますよね。
病理検査の結果は“良性”で、本当に安心しました。

2011.09.28 23:27 | URL | Runaまま #kavz3rt6 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

1クリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金 クリックで救える命がある。

プロフィール

Runaまま

Author:Runaまま
東京の片隅で、2匹のボーダーと暮らしています。
羊は飼えないけれど、Sheep Dogのトレーニングをしています。
犬の食事(生食)の勉強もしています。

Runa 1999.08.06 ♀
Etain 2006.10.21 ♀

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

GREMZ

FC2カウンター